視力が悪いけれど温泉が好き?温泉のためのメガネを作ろう!

お風呂用メガネは温泉で使える

メガネを外してしまうと視界がぼやけてしまい、段差を確認するのが難しくなる方もいるでしょう。そのような状態で温泉施設を利用するのは危険なので、メガネをかけたまま入浴しているかもしれません。もしも、現在使っているメガネが大切ならば、装着したまま入浴するのはおすすめできないです。温泉の熱でレンズが歪んでしまう場合もありますし、お湯の成分でレンズ表面のコーティングが剥がれてしまう場合もあるからです。だからといって、メガネを外して入浴するのは危険なので、温泉のためのメガネを別途購入することをおすすめします。お風呂用として専門に売られている安価なメガネを購入すれば、安全で快適に温泉を楽しめるようになります。

お風呂用メガネのメリット

寒い季節に温泉を訪れたとき、室内外の気温差でレンズが曇ってしまった経験を持つ方も多いでしょう。視界が真っ白になってしまうため、曇りを取らなければ歩くのも危険になってしまいます。お風呂用メガネならば、レンズに特殊なコーティングがされているので曇りにくいです。真っ白な視界にならないので、露天風呂があったとしても思う存分楽しめるでしょう。そして、お風呂用メガネは度入りでも、とても安く売られているのがメリットだといえます。五千円以下で売られている商品もあるため、購入のハードルはそれほど高くはないはずです。普段利用しているメガネが高ければ高いほど、温泉で劣化を早めるのはもったいないので、安価なお風呂用メガネの活用をおすすめします。

メガネを購入する場合にレンズとフレームセットで価格が5000円未満の場合には30分以内で仕上がる物が多いです。