電子タバコ好みに応じたさまざまな「楽しみ方」

電子タバコとはなにか?

「電子タバコ」は、さまざまな風味がついたリキッド(液体)を電力で気化させ、発生した蒸気を吸って楽しむ嗜好品です。「使い捨て式」「カートリッジ交換式」「リキッド補充式」の3種類があります。

それぞれの特徴とリキッドについて

「使い捨て式」にはあらかじめリキッドが含まれていて、使いきったら本体ごと交換します。手頃な価格でメンテナンスも不要。リキッドの種類は限られるものの、手軽に利用することができます。「カートリッジ交換式」はカートリッジを取り替えることでリキッドの交換をします。こちらもメンテナンスは不要ですし、操作も簡単です。ただし専用カートリッジしか使えないのでリキッドの種類は限られます。「リキッド補充式」は定期的なメンテナンスが必要になりますが、豊富に揃ったリキッドのなかから好みのものを選んだり、リキッドを自作したりして楽しむことができます。リキッドは、爽やかな味わいのメンソール系以外にもたくさんの種類があり、なかでもスイーツ系は、定番のフルーツ系と同じくらい人気です。男性からの支持も高いそうです。ほかにも清涼飲料水などの味わいを楽しめるドリンク系といったものもあります。

リキッド選びの別ポイント

ところで、リキッドのボトル側面を見てみると、「PG(数値)/VG(数値)」などと記されているものがあります。PGは香料を活かすための溶剤で、「香料の味がのりやすいが蒸気の量は少ない」という特徴をもっています。いっぽうのVGは、PGの代用もしくは添加目的で多用される成分です。「香料の味はのりづらいものの蒸気の量は多い」という特徴をもっているので、蒸気の量を増やして楽しみたいという人は、VGの割合が高めのリキッドを選ぶと良いでしょう。

vapeは電子たばこと言われるものです。従来の紙巻たばこの代わりに吸う方やベイプトリックと言われる煙で輪っかを作ったりする技を見せる為に吸っている方がいます。体に害のないたばこです。