アンティーク家具が支持される理由とは何か?

天然の木材の良さを生かしたアイテムがたくさんある

アンティーク家具は、現代の家具と比べると大雑把な作りのものが目立ちますが、天然の木材の良さを生かして製造されたものが多くあり、リビングだけでなく様々な室内に配置しやすいという魅力があります。また、アンティーク家具に使われている木材の中には、希少性の高いものも少なくなく、コレクションとしての価値を重視する人からも関心が寄せられています。アンティーク家具の耐用年数は、家具の種類や大きさ、デザインなどによって違いがありますが、それぞれの木材に合った手入れを行うことで、半永久的に使い続けることも可能です。なお、デリケートな性質を持つ木材については、見た目や機能を保つために、数年おきに家具職人にメンテナンスをお願いする必要があります。

量産品には見られないデザインが採用されている

アンティーク家具は、ハンドメイドの一点物のアイテムが少なくなく、量産品にはあまり見られないデザインが採用されているものもあります。例えば、小型のテーブルやチェアなど使い勝手が良いアンティーク家具は、各地の家具店や雑貨店などで展示販売されることもあるため、それぞれの製品の特徴を自分の目で確認することがおすすめです。また、複雑なデザインのアンティーク家具については、手入れに時間が掛かったり、特殊なパーツの交換が必要となったりすることもあるため、購入前に家具に詳しい販売員に話を聞くことが大切です。その他、同じアンティーク家具を長く使いたい人は、デザインだけでなく機能の良し悪しについてもこだわることがポイントです。

アンティーク家具のアンティークとは「100年以上たったもの」という慣習はありますが定義は存在しないそうです。