高級ブランド時計はメンテナンス体制も加味して選ぼう!

定期的なオーバーホールが肝心

いわゆる高級ブランド時計と呼ばれる時計の大半は、機械式時計になっています。そんな機械式時計を正確に動かし続けるために必要なのが、オーバーホールという分解掃除のメンテナンスです。もちろん使用頻度や環境によってもかわってきますが、オーバーホールはおおむね3年から5年に一度といった周期で行うことがすすめられています。これには、パーツの磨耗劣化等によって、時計が動かなくなってしまう前の段階で修理を行ったほうが結果的に安く済むこと、また潤滑油の劣化は避けることができないためといった理由があります。いわゆる「一生モノ」の時計として選ばれることも多い高級ブランド時計ですが、文字通り一生使いたいのであれば、オーバーホールは欠かせないのです。

下取り価格にも影響するメンテナンス体制

高級ブランド時計が一生モノ、財産などと呼ばれる理由として、購入する際の価格と下取り価格を比較した際に、その価値が大きく目減りしない点を挙げることができますが、オーバーホールはこの下取り価格にも影響を及ぼすことは覚えておくといいでしょう。

単純に動かない時計、汚れや傷だらけの時計と、オーバーホールを終えたばかりで新品同様の時計を下取りに出した際、後者の方が高額査定を期待することができるのはもちろんのこと、オーバーホールの体制が整っているブランド時計は、取引相場自体も高い水準で維持されている傾向があります。たとえば生産終了したモデルであっても修理対応が可能なブランドを選ぶことで、下取りに出す際の高額査定を期待しやすくなっているのです。財産として高級ブランド時計を持つのなら、この点も加味した上で選ぶといいでしょう。

オーデマピゲは世界三大高級時計メーカーの一つとして数えられ、創業以来発売されたすべての製品を修理してくれるブランドです。